お問い合わせ

家族の声

ALL
両足先天性内反足
両耳軽中度難聴
発達遅延
臍ヘルニア
遠視
乱視
精神運動発達遅滞
幼児期の低筋緊張
便秘
よだれが多い
歯の反対咬合疑い
上唇小帯長め
音・光・風などに敏感に反応する
遊びへのこだわり
食の偏り
軽度の睡眠障害
かんしゃく時に物を投げる・引っ張る・叩く
足裏の形状を整えるために、靴の中敷き用のインソールをいれている
Tちゃん (宮城県 在住)

宮城県 在住 Tちゃん様

  • 精神運動発達遅滞
  • 幼児期の低筋緊張
  • 便秘
  • よだれが多い
  • 歯の反対咬合疑い
  • 上唇小帯長め
  • 音・光・風などに敏感に反応する
  • 遊びへのこだわり
  • 食の偏り
  • 軽度の睡眠障害
  • かんしゃく時に物を投げる・引っ張る・叩く
  • 足裏の形状を整えるために、靴の中敷き用のインソールをいれている

Tちゃん (宮城県 在住)

・出産直後、心室中隔欠損を指摘されたが、1歳半で自然治癒。
聴覚検査で聞こえていないと言われ、1ヶ月後の再検査でパス。
脳への音認識(レコーディング)がゆっくりと言われた。

・生後2ヶ月から低筋緊張を指摘される。お座りが安定しなかった。

・生後10か月→お座りができないため、県立子ども病院へ紹介状

・様々な身体の検査、簡単な染色体検査で原因はわからず、1歳半の時に、これから歩けるか、話せるか分からないと言われ、理学療法を始める。

・詳細な染色体検査へ→約1年半後、子供が3歳のときに検査結果から「クリーフストラ症候群」と診断される。

・3歳で立ち上がり、4歳で少しずつ歩き始め、今では一人で平坦も、階段も歩きます。

・住んでいる町に療育保育がなく、保育所で先生を加配していただき、リハビリも取り組んでいただいた。また、健常児のお友達との交流・支え・声がけで、集団生活も楽しく過ごすことができ、地元小学校の支援級へ進んだ。
Tくん (兵庫県 在住)

兵庫県 在住 Tくん様

  • 両足先天性内反足
  • 両耳軽中度難聴
  • 発達遅延
  • 臍ヘルニア
  • 遠視
  • 乱視

Tくん (兵庫県 在住)

生まれつき両足が内反足に加え両耳軽中度の難聴を抱えていました。
内反足の手術をした時に整形外科の先生から内反足の角度も他の子よりは異常なのと生まれつきの病気を2つ持っているので遺伝科で話しをすることを勧められました。
遺伝科では最初から遺伝子解析ではなく様子見でしたが生後半年を過ぎても首がすわらないことなどから遺伝子解析をすることになりました。遺伝子解析は4ヶ月程で結果がでて遺伝子の突然変異による「クリーフストラ症候群」の診断を受けました。確定診断にするためにも夫婦の遺伝子解析を行い夫婦に異常はありませんでした。
いろいろなことで戸惑うこともありましたが私たち親子がこの難病に選ばれた意味はあると思っています。
まだまだネットでは情報の少ない病気ですがネット社会で出会った同じ病気と闘うこどもたち親御さんたちと一緒に向き合って生活していこうと思います。